胡蝶蘭の魅力

新築祝いに胡蝶蘭

いとこ夫婦が家を建てたときに、新築祝いを何にしようかと悩みました。

 

いとこですし、現金というのも失礼かなと思ったので品物を贈ろうと考えたのですが、何が良いのか見当もつきません。

 

親と相談した結果花を贈ることになり、いとこの家を訪れる直前にフラワーショップにあらかじめ注文しておいた胡蝶蘭をとりにいきました。

 

頼んでおいた通りの白の胡蝶蘭でした。

 

お店に飾ってあるような派手に大きなものではなく、可愛らしいサイズの胡蝶蘭の3本立てです。

 

新築の家はまだ引っ越したばかりで荷解きも済んでいないそうですし、あまり大きいと飾る場所に困ると思ったのです。

 

 

 

その胡蝶蘭を持って、いとこの家を訪れました。

 

思ったとおりいとこ夫婦は胡蝶蘭をとても喜んでくれました。

 

彼らは2人とも花が大好きだったのです。

 

「まだ玄関もなにも飾るものがなくて殺風景だからちょうどいいね」

 

「花だと絶対に邪魔にならないし、子供にも安心だしね」

 

と言っていました。

 

いとこの家には小さい子供が3人もいて、下の子はまだハイハイしている赤ちゃんなので、なんでも口に入れてしまうのです。

 

2人は胡蝶蘭を玄関に飾りました。

 

木目の美しい壁際に置いたので、小ぶりながらも白い花はとても映えました。